料理を締めくくるデザートワイン

デザートワインは消化を助ける効果があります

昨今では日本にいながらにして、世界各国のワインを楽しめるようにデザートワインは消化を助ける効果があります締めくくりのワインで楽しい食卓に

デザートワインとしてはアルコール度数の高い甘口ワイン・ポートワイン・コニャック・マール・グラッパ・ブランデーがほとんどで、これらのワインは消化を助ける効果があります。
わからない場合は、ソムリエにどんどん相談してください。
甘口ワインの代表格として挙げられるのは、フランス・ソーテルヌ地方の貴腐ワインが挙げられます。
口当たりがとろりとしていてとてもおいしいの一言に尽きます。
ただレストランではボトルでオーダーしなければならないことが難点の一つです。
ポートワインは、アルコール度を15度ぐらいに上げてあるポルトガルの甘口ワインになります。
ポートワインにもいろいろな種類が存在していて、食前酒として飲まれているものもあるのです。
ケーキやチーズとも相性が抜群で、このワインはグラスで注文することができるので安心この上ありません。
ブランデーは果物を発酵させた醸造酒を蒸留して、アルコール度を高めてあるワインがブランデーと呼ばれています。
これにもいろいろな種類がありますが、代表的なものはフランス産のコニャックとアルマニャックです。
コニャックは味わいや香りが女性的で、アルマニャックは男性的だといわれています。
このアルマニャックは多少癖を持っているブランデーなので、デザートワインに慣れていない人はコニャックから始めていくのが無難です。
原料もブドウを使用したブランデーのほかに、リンゴを原料にしているフランス・ノルマンディー地方のカルヴァドスがあり、このブランデーはコニャックやアルマニャックと比べると甘みが少なくなっているのが特徴になっています。

これは美味しくて甘いデザートワイン pic.twitter.com/CHH7ZUBbKg

— からさわ (@steelsloe) 2018年11月3日

デザートワイン | アイスワイン・貴腐ワイン